旅団 new album「Lingua Franca」

2011.1.19 Release
全4曲収録 定価¥1,400
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
OTHERS
SPONSORED LINKS

<< ついに。 | main | 鹿児島よりアレを詰め込んで。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |Posted by スポンサードリンク
ぼくらが望むなら、ぼくらはどこへだって行ける。
たくさんの方に支えられて歩んできましたが、2006年9月8日に旅団の1st Album【Iyaoi Rhythm】発売記念イベントへと至りました。
この2006年という年を忘れることは生涯ないでしょう。
長い間憧れ続けてきた岡部さん、勝井さんの両氏と共にステージに立ち、演奏し、レコーディングできたこと。その音源を初めてのアルバムとして世の中にリリースできたこと。仲間達が立ち上げたレーベル【PENGUIN MARKET】の存在。北澤さんや明石を始めとするたくさんの人が、文字通り靴底をすり減らして営業してくれて、CD/レコード屋の皆さんの協力の下(個人的に特に関谷さんと下地くんに感謝!)、ぼくらの音が全国に飛びました。HMV渋谷店では梓WORKSのIYAOIジャケットがクソでかいパネルになりました。ミッチェが撮って編集してくれた映像は各レコード店で流されました。ユニオン国立、タハラ、そして新宿タワレコでのインストアや山梨〜三重のツアーなど初めて尽くしだったこの年、今まで全く交わらなかった点と点が繋がり、大きく、太い線となるのを感じました。7月に奄美行きの飛行機搭乗前に勝井さんが引き合わせてくださった辻さんとは、会って2ヶ月とは思えません(笑)。奄美の土俵で向かい合った時のあのライオンのリズムの圧力と迫力は、未だに心臓と鼓膜に突き刺さってます。勝井さん、辻さん、藤原さん、ナオさんとのセッション。そして勝井さんと辻さんと坂本さんのセッションに旅団の巌が加わったあの瞬間。そこにまた朝崎さんが加わった瞬間。そしてレコ発でまた岡部さんとやれると知ったとき。GOMAさんが出てくださると知ったとき。

本当に全部が詰まったライブでした。
過去も現在も未来も、かつて抱いたかすかな感情まで。

GOMAさん、JUNGLE RHYTHM SECTIONの椎野さん、辻さん、田鹿さん、内田さん、
いつもいつもお世話になってばかりのGOK SOUNDの近藤さん、
そして岡部さん、本当にありがとうございました。

O-nestのスタッフの皆さん、手伝ってくれたスタッフ、協力してくれたみんな、
インスパイアし続けてくれる大好きなsgt.と尊敬する11th Pact、
そして何より何より何より何より何より何より来て下さったたくさんの皆さんと、来られなかったけど今まで繋がってきたみんな、本当にありがとうございました。

今後もがんがん突っ走ります。押忍。(毛利)
| - | 02:56 | comments(2) | trackbacks(0) |Posted by 旅団
スポンサーサイト
| - | 02:56 | - | - |Posted by スポンサードリンク
ああ〜!行きたかった!行きたかったっすよ〜!
その頃私は大阪へ旅立っておりました。
大阪でライブやってました。
次こそは行きたいっす!
| じゃがー | 2006/09/17 5:42 AM |
大阪でライブもいいじゃない!おれやったことないっちゃも〜ん。
関西方面でのライブやりたいなー
またツアーしたいなー
でも金ないなー
| 毛利 | 2006/09/17 12:44 PM |









http://ryodan.jugem.jp/trackback/14